足場  ¥750/㎡ メッシュシート養生込み

洗浄  ¥120/㎡ 水道お借りします

養生  ¥850/㎡(開口部や地面等、ビニール養生の面積を積算) 材料費込み

シーリング工事撤去打ち替え ¥710/m 材料費込み

シーリング工事増し打ち   ¥420/m 材料費込み

外壁塗装各工程 ¥240/㎡(下塗り・中塗り・上塗り)+塗料代

屋根塗装各工程 ¥240/㎡(下塗り・中塗り・上塗り)+塗料代

付帯塗装 ¥530〜/m(ケレン・錆止め・シリコン樹脂塗料上塗り) 材料費込み

シャッターBOX ¥2500/箇所(ケレン・錆止め・シリコン樹脂塗料上塗り) 材料費込み

軒塗装 ¥420/㎡ 材料費込み

塗料が施主支給の場合塗料代はいただきません。

付帯塗装はこちらで材料をご用意します。

お家の塗り面積によって最低塗布量が変わり発注缶数も変わります。

一軒あたりの塗料代は仕入れ価格で下塗りもあわせて10万円〜30万円です。

塗料の種類でもお値段はピンキリです。

その他お気軽にお問い合わせください。

塗料とは何か?

塗料とは10数年紫外線や雨風にさらされている建材を再び永く利用できるようにする為のコーティングです。

ペンキは現地で施工できるように塗りやすい液体になっています。

ペンキは“顔料”“樹脂”その他の添加剤でできています。

顔料の耐候性×樹脂の耐候性でペンキの耐候性がおおかた決まります。

私の経験則から言うと白色顔料、赤色顔料はチョーキングが非常に出やすい顔料です。

しかし2012年にラジカル抑制型塗料が登場してからそこまで神経質にならなくてもよくなりました。

各メーカー共に様々な塗料を日進月歩で開発しています。

時代に置いて行かれないように勉強の毎日ですm(_ _)m

塗料紹介

シリコン樹脂塗料

シリコン樹脂塗料は比較的安価に仕入れる事ができます。
二液ではないので攪拌不足による硬化不良も起こりません。
全国で最も実績のある不具合の少ない優れた塗料です。
弱溶剤タイプや二液タイプになると価格も高くなりますが耐候性も高くなります。
各メーカー共に再塗装は約10年前後の設計です。

ラジカル抑制型塗料

従来の顔料の設計が見直され、紫外線の影響でチョーキングが発生しにくくなりました。
シリコン樹脂塗料よりも耐候性が高い塗料です。
耐候性の高い樹脂と組み合わせると価格も高くなりますが耐候性も高くなります。
弱溶剤タイプや二液タイプになると価格も高くなりますが耐候性も高くなります。
各メーカー共に再塗装は約12年〜15年前後の設計です。

フッ素樹脂塗料

汚れが付着しにくい塗料です。
完全に硬化した後はガムテープですらくっつきません。
紫外線にも強く外装の塗料として優れています。
各メーカー共に再塗装は約15年〜20年前後の設計です。

無機塗料

無機顔料を使用した塗料です。
樹脂は無機ではない為半永久とはいきませんが、フッ素樹脂を上回る耐候性です。
15kg缶で仕入れ価格が10万円以上する塗料です。(塗り面積180㎡の建物で中塗り上塗りに使用する量が約3缶・・・( ;´Д`))
各メーカー共に再塗装は約25年前後の設計です。