堺市南区H様邸屋根葺き替え工事・外壁塗装工事

今回はただいま施行中の屋根葺き替え工事・外壁塗装工事のご紹介です。

既存の屋根はセキスイかわらUという塗装屋を悩ませる屋根材でした。

セキスイかわらUはアスベスト含有で製造していた時期(1975~1990)があります。

1990年以降のかわらUはノンアスベストで非常に割れやすい屋根材です。

Xの次が西暦の下一桁だそうなので製造時期は1980年か1990年のものです。

一般的にアスベスト含有の建材は頑丈で割れにくいのですがさすがに屋根材で30年経っていると踏み抜いて割れてしましました。

このように

ですので今回は屋根塗装ではなく葺き替えでの工事を請け負わさせていただきました。

新しい屋根材の選定ですが、このお家は勾配が極端にゆるやかだった為、横葺きではなく立て葺きの屋根材で雨漏りをさせないような提案をします。

横葺きで2寸5分以下の場合雨水が毛細管現象等で逆流する可能性が非常に高いです。

逆流した雨水が雨漏りして野地板を腐らせてしまったケースもあります。

今回の施工写真です。

瓦を撤去して野地板を貼って…

立平(たてひら)を施工しました。

立平は書いて字のごとく縦に葺いていくので雨が毛細管現象で登っていく心配はありませんし、今回施工した板はエスジーエルと言ってガルバリウム鋼板の3倍の耐食性のあるものです。

スタイリッシュな最高の仕上がりです☺️

自宅の屋根にも採用しました。

雨天が続いて工期がのびてしまっていますが外壁塗装も引き続き頑張ります!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

堺市南区H様邸屋根葺き替え工事・外壁塗装工事” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です